藤井風のバックバンドメンバーは誰?プロフィールや経歴を調べてみた

こんにちは~nannanです♪

今日は藤井風さんのツアーやフェスに帯同するバンドメンバーについてのお話です。

風さんのステージは、風さんおひとりのピアノ弾き語りスタイルと、バンドメンバーと共に演奏するバンドスタイルがあります。

バンドスタイルはギター・ベース・ドラムが定番となっています。

サポートメンバーそれぞれのプロフィールや経歴をご紹介しますね。

バックバンドメンバーは誰?

2019年11月18日に開催された風さんのワンマンライブからこのバンドメンバーがサポートしています。

2020年10月29日の日本武道館公演、2020年12月~2021年1月のホールツアーもこのメンバーです。

ギター:大月文太
ベース:真船勝博
ドラム:佐治宣英

風さんは、いつものメンバー、「イツメン」と言ったりしています。

それではおひとりずつご紹介しますね。

ギター:大月 文太(おおつき ぶんた)

愛称:ぶんちゃん
生年月日:1993年6月19日
出身地:東京都
最終学歴:Los Angeles College of Music(早稲田大学基幹理工学部中退)
妻:岡田真帆(ドラマー)

大月さんは12歳の頃、クイーンのブライアン・メイに影響を受けギターを始めました。

20歳の頃にプロギタリストを志し、大学を中退し単身ロサンゼルスへ。

全米トップ25にランクインする音楽大学Los Angeles Music Academyへ入学しました。

そして入学と同時にギタリストとしての活動をロサンゼルスで開始します。

2015年9月にLos Angeles Music Academyを卒業(学長奨励を獲得)。

卒業後もロサンゼルスで活動していました。

ロサンゼルス時代にはJMSN(ジェイムソン)のツアーへサポートミュージシャンとして参加。

2016年9月に帰国、活動拠点を東京へと移しました。

アーティストのサポート活動、様々なレコーディングへの参加、ジャズ・フュージョンバンド ”Mongoloid Union” 主催など幅広い活動を続けています。

小袋成彬、BuZZ、Capeson、iri、adieu(上白石萌歌)、日向美ビタースイーツ♪、平方元基、LE VELVETS、増田有華、太田基裕、矢田悠祐、菜々香、平野綾、高岩遼(SANABAGUN)、水樹奈々、Charito、BASI(韻シスト)、 Hiro-a-key、坂東慧(T-SQUARE)、日野”JINO”賢二 etc

2020年8月1日にはドラマーの岡田真帆さんと入籍しています。

ベース:真船 勝博(まふね かつひろ)

愛称:マフマフ
生年月日:1977年2月1日
出身地:大阪府
最終学歴:大阪大学
高校1年生の時に「バンド組もうぜ」と友達に言われたのがきっかけでエレキベースを始めます。

そして大学でジャズ研に入りウッドベースも始めます。

そのジャズ研の部長が「EGO-WRAPPIN’(エゴラッピン)」のサポートサックス奏者、武嶋聡さんでした。

【EGO-WRAPPIN’(エゴラッピン)】
中納良恵(ヴォーカル・作詞作曲)と森雅樹(ギター・作曲)からなるユニット。独自の音楽性を築き、国内外問わず活動している。

2000年からEGO-WRAPPIN’のサポートバンド「THE GOSSIP OF JAXX(ザ・ゴシップ・オブ・ジャックス)」のベースとしての活動を始めます。

2005年にはトリオ編成のポエトリージャズロックバンド「F.I.B JOURNAL」に正式加入。

2013年からはyuiを中心に結成された「FLOWER FLOWER(フラワー フラワー)」にも参加しています。

現在も様々なアーティストのライブやレコーディングに参加。

家入レオ、岡本真夜、木山裕策、小泉今日子、コブクロ、菅田将暉、所ジョージ、ハナレグミ、満島ひかり、モーニング娘、米津玄師、若旦那、絢香、CHEMISTRY、小柳ゆき、レキシ(レキシネーム:パーマネント奉行)、K、キマグレン etc

そして2019年には「1億人の大質問!?笑ってコラえて!」の「高そうな犬を連れている人はきっとセレブに違いないの旅SP」という企画にて、一般人として奥さんと愛犬レインと共に街頭インタビューを受けています。

こんなこともあるんですね~笑

ドラム:佐治 宣英(さじ のりひで)

愛称:さっちゃん
生年月日:1977年2月
出身地:東京都
最終学歴:慶応義塾大学法学部

ドラムを始めたのは15歳。

猪俣猛氏、田中康弘氏に師事、1997年からスタジオ、セッション活動を始めています。

NHK教育テレビジョン『みんなの広場だ!わんパーク』に出演していたことがあります。

また、ソロプロジェクトのplot.名義で2枚のアルバムを発表し、収録曲がEDWINのジーンズ「something」のCM曲として使用されたこともあります。

佐治さんも真船さん同様2013年から「FLOWER FLOWER(フラワー フラワー)」に参加していますが、yuiさんのレコーディングには2006年から関わっています。

影響を受けたドラマーはスチュワート・コープランド(イギリスのロックバンド「The Police(ポリス)」のドラマー)。

主なレコーディング&ライブ共演者

YUI、織田哲郎、いきものがかり、My little lover、清木場俊介、BoA、CHEMISTRY、JUJU
河口恭吾、清水翔太、松下奈緒、Rie fu、中川翔子、hitomi、石野真子、馬場俊英、及川光博
つじあやの、黒沼英之、レキシ(レキシネーム:江戸っ子メグちゃん)etc

そして、カレー作りが趣味の域を越えています。

 

愉快なバンドメンバーたちも登場!藤井風初の日本武道館公演Blu-ray
2021年4月21日発売!豪華特典付き!

『オリコン週間Blu-ray Disc ランキング』『オリコン週間ミュージックDVD・BD ランキング』初登場1位
1作目となる音楽映像作品が1位を獲得するのは、男性ソロアーティストとしては史上初の快挙!

【特典】
・ドキュメントムービー「RUNNING FOR BUDOKAN」
・特性ブックレット(全76ページ×2冊)
・Fujii Kaze “NAN-NAN SHOW 2020” HELP EVER HURT NEVER ビジュアルポスター(B4サイズ)

ご購入はこちらから ↓ ↓ ↓

 

まとめ

藤井風さんのバックバンドメンバーのお話でした。

この3名のメンバーがツアーの公演終了後に必ず何かをつぶやいてくれていました。

これは会場には行けなかったファンの方にも様子が伝わりうれしかったのではないでしょうか。

風さんとメンバーの仲のよさもよくわかります。

それが様々な公演の成功の要因のひとつだと感じました。

今後もまたこのメンバーでの演奏が聴けることを楽しみにしています。

 

1st Album「HELP EVER HURT NEVER」の発売から1年の2021年5月20日
初回限定盤のDisk 2「HELP EVER HURT COVER」の復刻リリース決定!
1CD+ブックレット付き。ジャケットが「開眼」!

ご購入はこちらから
↓↓↓

 

番外編(追記)VIVA LA ROCK 2021

5/3に出演するVIVA LA ROCK 2021のバンドメンバーはこちら

ギターが大月さんではなく「 TAIKING (Suchmos)」!

【TAIKING(タイキング)】※「Suchmos(サチモス)」(現在活動休止中)のギター
本名:戸塚泰貴(とつかたいき)
生年月日:1990年5月10日
出身地:神奈川県横浜市
父:元サッカー日本代表、戸塚哲也
Suchmos(サチモス)の「STAY TUNE」という曲もHONDA VEZELのCMに流れていましたよね。
藤井風さんの新曲「きらり」も新型VEZELのCMとタイアップしています。VEZELつながり???
VIVA LA ROCK 2021のステージも楽しみです♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました