はちみつが固まるのはなぜ?固まらないものとの違いや固まるのを防ぐ方法

モノ

こんにちは~nannanです♪

今日ははちみつはなぜ固まってしまうのかについてのお話です。

全てのはちみつが固まってしまうのか?固まらないものもあるのか?

また、固まらないようにする方法もあるのではないか?などを調べてまとめてたのでご覧ください。

はちみつが固まる理由

はちみつが容器の底の方から白く固まってしまった経験ありませんか?

この白く濁って固まった状態を「結晶化」といいます。

はちみつが結晶化してしまう主な原因は

*温度の変化
*ブドウ糖の性質

のふたつです。

また、このふたつほど影響はありませんが「振動」も原因のひとつと考えられます。

ひとつずつ説明しますね。

温度の変化

はちみつは15℃以下になると結晶化し始める(固まり始める)といわれています。

そしてはちみつが結晶化しやすい温度は「5℃〜14℃」です。

温度が低ければ低いほど結晶化しやすいというわけではなく、マイナス18度以下になると結晶化しません。

また、温度の変化によっても結晶化は進みます。

一日のうちで寒暖差がある場所に保管すると結晶化しやすくなるので保管場所にも注意が必要です。

ブドウ糖の性質

はちみつは「ブドウ糖」と「果糖」からできています。

そして「ブドウ糖」と「果糖」の割合は蜜を採取する花によって変わってきます。

基本的にはブドウ糖が多いほど結晶化しやすくなります。

振動

揺れることではちみつの中に小さな気泡や不純物が入ります。

これが核となってさらなる結晶化を促進してしまうことがあります。

溶かそうと思って容器をシェイクするのは逆効果なんですね。

固まるはちみつと固まらないはちみつの違いとは?

同じように保管していても固まるはちみつと固まらないはちみつがあります。

それははちみつの種類(ブドウ糖が含まれる割合)によるものです。

 

先ほど

「ブドウ糖」と「果糖」の割合は蜜を採取する花によって変わってきます。
基本的にはブドウ糖が多いほど結晶化しやすくなります。

とお伝えしました。

 

「ブドウ糖が多いほど結晶化しやすくなる」…

つまり「ブドウ糖」の割合が少ないはちみつを選べば固まりにくいということになりますね。

【ブドウ糖の割合が少ないはちみつ】

*アカシア(クセが少なくあっさりとした味)
*リンゴ(クセが少なくフルーティー)

 

はちみつが固まるのを防ぐには?

はちみつが固まるのを防ぐには

*温度が安定している(一定の)暗い場所で常温保存すること

が効果的です。

 

はちみつの保存に適しているのは18℃〜24℃です。

キッチンだと吊戸棚や食器棚の中などいいかもしれません。

 

振動も固まる原因のひとつだと考えられるので、安定した場所を選びましょう。

例えば冷蔵庫の上は細かい振動があるためあまり適しているとは言えません。

 

また、空気に触れる時間と面積も少ない方がいいので、大きな容器に入っているものは小分けしておくといいですね。

はちみつが固まってしまったら…

※はちみつは固まっても品質に影響はありません

固まったまま食べる

・(固まったはちみつをガリガリ削って)そのまま食べる

トーストに塗って(のせて)食べる

「はちみつバター」(はちみつとバターを7:3の割合で混ぜる)を作って食べる

溶かす

溶かす方法はいくつかありますのでご紹介しますね。

湯せん

固まったはちみつをビンごと湯せんします。

この時のお湯の温度は50~60℃くらいがいいでしょう。

(はちみつの酵素は50℃以上で失活してしまい、その他の栄養素も60℃以上からは影響が出てしまうため)

ゆっくり時間をかけて溶かしていくのが理想的です(しっかり防水して湯船に入れるのもおすすめです)。

電子レンジ

電子レンジははちみつの使用量が少ない場合に適しています。

耐熱容器に使用する量を入れ、一番少ないワット数で10秒ずつ様子を見ながら温めます。

「大さじ1~2杯 ⇒ 10~20秒」

加熱後に混ぜて様子を見、まだ結晶が残っているようなら再加熱します。

使い捨てカイロ

  1. はちみつの容器にタオルやふきんを巻く
  2. 使い捨てカイロを貼り付ける
  3. その上からタオルを巻く
  4. 最後に毛布やフリースなどを巻き熱を逃がさないようにする

だいたい12時間くらいできれいに溶けます(途中で容器の向きを変えると熱がむらなく伝わり早く溶ける)。

 

まとめ

はちみつが固まるのはなぜかというお話でした。

そして、それは「ブドウ糖が多いほど固まりやすくなる」ということでした。

固まりにくいはちみつを使ったり、固まらない保存方法を選ぶ工夫が必要ですね。

おいしくて体にもいいはちみつを食生活に効果的に取り入れましょう。

 



コメント

タイトルとURLをコピーしました