アレックスカワモト(藤井風MVきらり・燃えよダンサー)の年齢は?愛称アレちゃんの経歴を調べてみた

こんにちは~nannanです♪

今日はダンサーでモデルの「アレックスカワモト」さんのお話です。

アレックスさんは藤井風さんのMV「きらり」や「燃えよ」に出演、加藤ミリヤさん、赤西仁さんはじめ数多くのアーティストのステージにも立っています。

最近では障害者専門の芸能事務所「アクセシビューティーマネジメント」のモデルや俳優を養成するスクールで講師も務めています。

そんなアレックスさんの年齢や経歴について調べてみました。

まずは簡単プロフィールから。

 

アレックスカワモト簡単プロフィール

 

 

本名:川本アレクサンダー
生年月日:1991年2月13日
出身地:山口県岩国市
血液型:A型
身長:183cm
愛称:アレちゃん

 

アレックスさんは、父親がアメリカ人・母親が日本人のハーフです。

 

アレックスカワモトの年齢は?

 

アレックスさんは1991年2月13日生まれで現在31歳です。

13歳からダンスを始めているのでダンス歴は18年ですね。

 

1991年生まれの男性有名人

  • 坂口健太郎
  • 米津玄師
  • R-指定(Creepy Nuts)

 

が、アレックスさんは早生まれなので学年的には1990年生まれの方々と同級生ですね。

 

1990年生まれの男性有名人

  • 玉森裕太(Kis-My-Ft2)
  • 柳楽優弥
  • 町田啓太
  • 山田裕貴

 

アレックスさん、若く見えるのは私だけでしょうか???

 

アレックスカワモトの経歴は?

 

アレックスさんの経歴を調べてみました。

 

13歳:ダンスを始める

 

アレックスさんが母親とダンスのテレビを見ていた時に言いました。

「母さん俺ダンスやりたい。プロダンサーになりたい、俺なれるかな。」

息子の問いかけに

「え、なれるよ。」

と答えた母親は翌日にはダンススクールを見つけてきました。

 

「そこから僕のダンス人生が始まりました。一生忘れない13歳の夏です。」

 

と話しています。また、

 

「アメリカ人の父をもつ自分にとってダンスはブラックカルチャーというイメージがあって、ダンスをしたら報われるんじゃないか、そこでは仲間はずれにされないんじゃないかと漠然と思っていました。」

 

とも話しています。

肌の色は死ぬほどコンプレックスで、少なからず心無い差別的発言をされて生きてきたというアレックスさん。

「仲間はずれにされないんじゃないか」という言葉が胸に刺さりました。

 

当時の生活はお世辞にも楽ではなかったけれど、お母さまはそんな中から高い月謝を払い続けてくれたそうです。

 

HIPHOP、JAZZ、バレエ、コンテンポラリーなど様々なジャンルに取り組み、

16歳の時に「スーパーチャンプル」というダンス番組のオーディションに合格!

約1年間のテレビ出演を経験しています。

 

18歳:上京

 

アレックスさんは高校卒業後、4か月バイトをして20万円貯めました。

そしてそのお金を手に東京へと向かいます。

最初は六本木のショーパブ、寮に住み、19:00~07:00まで働く日々でした。

ダンス以外に接客もこなさなくてはならず大変でした。

 

「トークスキルも人生経験もないゼロの自分に何ができるか」

と考えた時に

「この見た目で勝負するしかなかった」

「ブラックのハーフの子がステージに立つのは、お客さんや従業員さんから見ても面白かったらしい」

と話しています。

 

挫折しそうになったことも1度だけありました。

理想と現実が違いすぎて、寮にいた同年代の子に相談したら涙があふれてきました。

「その時は辛かった」とアレックスさんは振り返っています。

 

20歳:転機1(加藤ミリヤツアーダンサー)

 

二十歳の時に加藤ミリヤさんのツアーダンサーのオーディションの話が舞い込みます。

実はオーディション前日に首を寝違えてしまい、日程の変更をお願いしてみましたが敢え無く撃沈…痛みをこらえてダンスを披露しました。

そしてその場で「OK!合格」と言われました。やったね!

 

初ステージはミリヤさんの夏フェス、『Last Summer 』という曲でした。

 

 

そこからいろんなダンサーに知ってもらえて、仕事も入るようになりました。

 

23歳:転機2(台湾で専属ダンサー)

 

23歳の時、台湾のアーティストJolin Tsaiさんの専属で台湾に行くことが決まりました。

Jolin Tsai(ジョリン・ツァイ):台湾の女性歌手・ダンサー・女優・実業家(1980年9月15日生まれ)

 

 

台湾では家も送迎も用意されていましたが、言葉の壁に阻まれます。

今まで当たり前のようにできていたリハーサルができませんでした。

周りは台湾語、他に呼ばれていたダンサーは英語、どちらも話せないアレックスさんは孤立していました。

振り付けはできても、その中での会話や次の日の集合時間、場所も分かりません。

問題が起きた際も言葉が通じず何も解決ができないのです。

この時初めてアレックスさんは今まで日本でやっていたことがどれだけ幸せなことだったかと気づきました。

 

 

帰国したアレックスさんは変わりました。

仕事場で言動や行動を見てくれていた先輩方も「変わったな」と言ってくれたそうです。

「自分とダンス」 → 「自分と人」

と意識が変わり、仕事がさらに円滑に回るようになりました。

大きな経験でしたね。

 

27歳:転機3(ワーキングホリデーでカナダへ)

 

ワーキングホリデー:海外旅行とは違い長期滞在の許されるビザ(18~30歳までが申請可能)

 

 

ワーキングホリデーを決めたきっかけ

アレックスさんは、これからはダンサーとしてだけでなく、インフルエンサーとしてもアーティストとしても求められることが重要だと考えるようになりました。

また、エンターテイメントの世界で生きたい。そのために、もうちょっと楽しいことしたいな、刺激的なことしたいな、とも考えるようにもなりました。

そして何より「英語」!英語が話せるようになりたかったのです。

 

トロントでの生活

最初は沈みがちだったそうです。(「寒いし…」)

でも、数か月して「なんで病んでるんだ?」と思い、ダンスのレッスンに通い始めました。

あれほど好きだったダンスを投げ出してカナダに来たけれど、ダンスをやっていないことが自分をダメにしていると考えたからです。

少しずつ元気を取り戻し、英語も少しずつ上達してクラスが上がっていきました。

 

 

モデル事務所にも所属しました。

 

 

オーディションを受けてもはじめは全然ダメで…だんだん引っかかるようになって…

日本にいたらできないような仕事もできました。

ダンスショーにも出演!

 

 

ファッションショーにも!

 

 

キューバとメキシコにも???

詳細はこちらから(笑)

 

そしてメキシコへ。

 

 

キューバの感想(過酷)…そして帰国。

 

 

ワーキングホリデーで得たもの

トロントで出会ったトランスジェンダーの子が毎日隣で「アレックス、ブラックのハーフってかっこいいよ!本当にその肌の色が羨ましい!美しいよ!」と言ってくれました。

自分の肌の色が死ぬほどコンプレックスだったアレックスさんは、その子の前では自然と誇らしく、ありのままの自分でいられました。

今では親友となったその子に毎日ほめてもらえたことで自分に自信がつきました。

日本でこの容姿は逆に強みなんだ、何も怖いものなんて無い!と思えるようになりました。

「今度は逆に自分が親友の立場になって、コンプレックスを持っている人たちを少しでも楽な気持ちにできたらな。」と話しています。

トロントに来て周りを見たらさまざまな人種の方がいて「俺って普通の人間なんだ」と思い、世界の中に自分を置いたら「ひとりの人間なんだ、普通なんだ」と気づくことができました。

素晴らしい気づき、ワーホリいってよかったですね。

 

28歳:帰国(帰国後数日で29歳)

 

ここから精力的に活動し現在に至ります。

 

話題になったこちらにも出演していました。

 

加藤ミリヤさんとは帰国後も

 

イメージモデル

 

藤井風さんの「きらり」MV

個人的にはこちらのバージョンが好き♪

途中から登場するアレちゃんが本当に楽しそう♪

アレちゃんは藤井風さんが大好きなのです。

 

EXITさんとも

 

VaundyさんのMVにも

 

今市隆二さんとも

 

ドコモのCMにも

 

(アレちゃんが大好きな)藤井風さんとの共演再び!「燃えよ」MV

 

パントビスコさんのレセプション

 

BVLGARI AVRORA AWARDS 2021

 

そして3度目の共演!今回は振り付けも!

 

 

 

 

 

あらゆる場面で大活躍ですね!

 

ダンス人生で一番嬉しかったこと

 

アレックスさんのお母さまは日本人、お父さまはアメリカ人です。

が、ご両親は未婚でアレックスさんが2歳の時に別れてしまったそうです。

アレックスさんにはそれぞれ父親が違うお兄さまが3人いて、アレックスさんのお父さまだけブラックのアメリカ人。

一番上のお兄さまは、母親が黒人の人と子供を作って産んで別れたことで喧嘩をして、婿養子に行ってしまいました。

 

アレックスさんはそのお兄さまとは数回しか会ったことがなかったのですが、2018年7月に広島で行われた加藤ミリヤさんのライブを見に来てくれて、

「お前がんばったんだな、お前は川本家の太陽だな」

と言ってくれました。

 

「その時に初めて家族全員が集まり、ダンスをしていて良かったと心から思えた。」

と話しています。

 

障害者専門の芸能事務所「アクセシビューティーマネジメント」講師

 

障がい者モデル/タレントが所属している「アクセシビューティーマネジメント」が障がい者モデル/タレントを育成するエンタメスクールをオープンしました。

アレックスさんは講師を務めています。

 

 

また、こんなお店にも顔を出しています。

 

 

 

まとめ

ダンサーのアレックスカワモトさんのお話でした。

明るくて楽しいキャラクターですが、しっかりした考えのもと活動されています。

ご自身のつらい経験も現在の糧になっているように感じました。

インスタライブがとても楽しいので機会があったらご覧くださいね。

2022年4月15日のインスタライブでご自身の本質的なことをお話されています。ここで私の言葉でご紹介して誤解が生じるといけないので、ご興味ある方はアーカイブをご覧くださいね。とてもいいお話で、とても素敵でした。

最近お引っ越しされて、ちゃんと自炊されているんですよ~

おいしそう!

具材や調味料も健康に気をつけて選んでいるんですって。

 

これからもアレックスさんの活躍を楽しみにしています!

 

「きらり」「燃えよ」「まつり」も収録されている藤井風の2nd ALUBM

「LOVE ALL SERVE ALL」

<初回盤特典>
・特製フォトブック(全52P)
・LOVE ALL COVER ALL(piano arranged covers)

こちらから ↓ ↓ ↓

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました