2021年のカレンダーはいくつ用意しますか?それ本当に必要ですか?

モノ

こんにちは~nannanです♪

今日はカレンダーのお話です。

 

我が家は玄関にひとつ、洗面所にひとつ、廊下にひとつと各部屋にひとつずつ…

計7つのカレンダーがあります。

今年はなんと!我が家の猫がカレンダーに載ったので、そのカレンダーを2種類(壁掛けと卓上)買いました。

それ以外は定番モノです。

でもね、ふと思ったのです。

 

こんなに必要???

 

みなさんのお宅はカレンダーをいくつ使っていますか?

カレンダーの使い方

カレンダーはどんな役目があるのかあらためて考えてみました。

予定を書き込む

私は1日の中でキッチンに滞在する時間が一番長いので、ここに予定を書き込めるカレンダーをかけています。

・母の通院付き添いの日

・宅配便の受け取り指定日時

・動物病院の予約日

・友達とのランチ

・ライブ

などなど…。

ちなみに仕事が休みの日は赤丸つけてます(笑)

 

最近は家族みんなの予定が書き込めるカレンダーもありますね。

ひとつのカレンダーで一目瞭然!便利です。

家の中で一番目に付くところに予定が書いてあれば誰が見ても分かりやすいですよね。

パパは青ママは赤、とペンの色を変えて書くという友人もいます。

予定を決める

例えば旅行。

仕事の休みや友達の都合を聞きながら考えますよね。

予定の書きこまれたカレンダーを見ながら相談すると思います。

友達と出かける日や、知人宅を訪問する日を決める時も、やはりカレンダーを見ながら決めますね。

予定を確認する

今日は子供の誕生日!

今日は楽しみにしていたライブ!

明日は早出!

明日は車検!

というように、忘れないように書き込んだ予定を確認するためにカレンダーを見ますね。

六曜を確認する

これ、人によるかもしれませんが…私はたま~にします。

「今日は先勝だから午前中にライブチケットのエントリーしよう」とか。

六曜とは?

「先勝」「友引」「先負」「仏滅」「大安」「赤口」のこと。

中国から日本に伝来したと言われています。

「先勝」(せんしょう):先まわりして行動すると良い日。午前中が吉、午後は凶。

「友引」(ともびき):友人を引き込む日。結婚式には良く、葬式は特にNG。

「先負」(せんぷ):平常を装って吉の日。午前中が凶、午後も小吉。

「仏滅」(ぶつめつ):物が滅する(終わる)日。仏事や別れたい人との別れには良い日。

「大安」(たいあん):やってはいけないことが何もない日。大吉ではなく「特に害のない日」で小吉。

「赤口」(しゃっこう):全てが消滅する日。「大凶」とも言える日だが、正午だけは吉。

大安が一番よくて、仏滅が一番悪い!と思っていたけれどそうでもないんですね。

2021年のカレンダー

私は、2021年は玄関、キッチン、洗面所の3か所にしようと思っています。

玄関と洗面所はもう定番モノで決まっています。

玄関はイラストレーターの伊藤彩恵子さんのカレンダー。

洗面所は漫画家の深谷かほるさんの「夜廻り猫」カレンダー。

この2点はカレンダーというよりイラストや絵を作品として飾って愛でていたいのです。

それ以外の部屋ではカレンダーを見ることはほとんどありません。

今まで「部屋にはカレンダーがあるものだ」と勝手に思い込んでいました。

でも、使わないものは必要ないと気づいたのです。

そのかわりキッチンには本当に気に入ったものを選びたいと思っています。

予定が書き込めて、シンプルで、でもちょっとおしゃれな雰囲気のカレンダー。

出来れば六曜入りで(←これは必須ではないかな)。

それからもう一つ大事な事!

店頭で配られるカレンダーは遠慮します。

受け取ると使わなきゃ!って気持ちになっちゃうから。

カレンダーを減らすとよいこと

カレンダーのない部屋はすっきり見える!

これにつきます。

今はスマホでスケジュール管理している人も多いですよね。

シンプルな生活を目指している方はカレンダーなしでも大丈夫かもしれません。

もし、減らそうと思っている方がいたら、まず店頭で配られるものを受け取らないことから始めるといいかも。

カレンダーを減らすと困ること

これは家族構成によると思います。

小さなお子さんがいるご家庭ではまずカレンダーというものを知ってもらった方がいいですよね。

この先、どんな形であれ必ず目にし活用していくものですから。

子供部屋、もしくはお子さんの目が届く場所にあるといいのではないかと思います。

大人もスマホでのスケジュール管理が苦手な人は部屋にカレンダー必要かな。

まとめ

さぁ、2021年のカレンダー、どうしますか?

私は先ほどお話しした通り、妥協しないでお気に入りを探します。

見つからなかったら自分で作ろうかな?

それぞれの使い方で、自分らしく活用したいですね。

新しい観点で選んだり、減らすのもアリかもしれません。

最近は部屋にカレンダーなしという人も増えてきています。

もちろん必要な人は無理に減らすことはありませんよ。

私は丸まったままのカレンダーがなくなるように、できることから行動するつもりです。

部屋も私の心も新しい1年を迎える準備を少しずつ始めます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました